マザーズバッグ ホーム > マザーズバッグは何を基準に選べばいいの?

Q.6マザーズバッグは
何を基準に選べばいいの?

マザーズバッグを選ぶ基準は、ライフスタイルによって違います。

例えば、赤ちゃんを連れての移動手段も人によって様々です。
・バスや電車での移動がほとんどというママ
・自転車でさっそうと移動するママ
・車で移動することがほとんどというママ
・抱っこが大好きな赤ちゃんで、ベビースリングが手離せないというママ
・ベビーカーで出かけることが多いママ

ベビーカーでの移動の場合でも、よく利用する駅にエレベーターが設置されているかどうかや、住んでいる地域によっても、電車やバスの込み具合は違います。

公共の乗物では必ずベビーカーはたたまないと・・・というママもいらっしゃると思います。

バスや電車での移動がほとんどというママや、ベビースリングの抱っこが大好きな赤ちゃんは、車で移動することが多いママより、赤ちゃんを抱っこして歩く時間が断然長いですので、軽いバッグを選ぶことが何よりも重要なポイントになってきます。

お出かけする時、パパやおじいちゃんおばあちゃん、家族と一緒なら荷物を持ってもらえますので、バッグ自体が多少重くても、デザイン優先のバッグでも大丈夫です。

でも、パパが仕事で忙しく、さらに実家が遠くて頼れない・・・
いつもお出かけは赤ちゃんと二人きり・・・
年の近い小さなお兄ちゃんお姉ちゃんがいる・・・
などというママは、軽いバッグはもちろんのこと、ななめがけで両手が空いたり、赤ちゃんを抱っこしていても荷物が取り出しやすかったり、バッグ自体が自立できるタイプや、欲を言うならバッグを地面に置いても底に鋲が付いて汚れにくかったり、多少雨に濡れても大丈夫というバッグがおすすめです。

また、母乳の赤ちゃんより、ミルクの赤ちゃんは、ほ乳びん、お湯を入れる水筒、ミルクの用意などがあるので荷物がかさばり、重くなります。

さらに、離乳食が始まると、それにプラス離乳食の用意が増えます。
反対に、離乳食が進んでくるとうどんなど外食でも対応できるようになったり、成長してコップが上手に使えるようになったり、トイレトレーニングが進んだり・・・
と成長するにつれ、荷物は減ってきます。

季節によっても、過ごしやすい季節より、寒い冬は上にはおるモノやブランケット、着替えなども考慮しなければなりません。

そして、ベビーカーでのお出かけ時は、必ず赤ちゃんを抱っこする場面、もしくはベビーカーごと、「よっこらしょ」と持つ場面も出てきます。

ベビーカーにバッグを掛けて使う場合、赤ちゃんが乗っているベビーカーが軽いほど、荷物が重いとベビーカーが後ろに倒れる可能性があります。

ベビーカーにマザーズバッグを取り付ける場合は、危険を防ぐためにも、荷物は軽くすることが重要です。
それにはできる限り、軽いバッグが望ましいです。

他にチェックしたいポイントは、バッグに十分なマチがあるかどうかです。

同じ大きさのバッグでも、マチの幅によって、入る荷物の量が変わってきます。
そして、たくさんの重い荷物に耐えれるように、バッグが軽くても薄くて破れたり、しないように丈夫な素材かどうか、縫い目がしっかりしているかどうかもチェックしたいポイントです。

その点では、マザーズバッグ専用として作られているバッグは軽くて、たくさんの荷物が入り、バッグの外や中にも使いやすいようポケットがたくさんあったり、中が汚れに強いナイロン製で作られていたり、また、肩からかけたり、ななめがけができたり、2通り3通りの使い方ができたりとバッグとしての機能が工夫されています。

赤ちゃんとお出かけのシチュエーション、赤ちゃんの成長の度合いによって、1日外出する場合と近所に短時間の外出、どこによく行くのか、近所の公園、スーパー、家から離れたショッピングモール、デパート、親子サークル、実家、すぐに仕事に復帰するので保育園・・・などなどお出かけ先もいろいろで、それによって、荷物の内容や量は異なってきます。

子育てしていない時は、ひとつのバッグで押し通すということはなかったはずです。
ひとつのマザーズバッグで、2才くらいまでを乗り切ったというママは、ごくごく少数派ではないでしょうか。

最低でも、荷物がたくさん入る大きめのLサイズのバッグと、普段近所に行く用の少し小ぶりのMまたはSサイズの2種類のバッグがあれば安心です。

そして機能を重視することも大切ですが、ママになってもオシャレを楽しみたい人、いかにもマザーズバッグというバッグを持つことに抵抗があるママやその日の服装によってバッグを合わせたいママもおられると思います。

子育てしていても、おしゃれしたり、お気に入りの育児グッズに囲まれたりすることは、楽しく育児をする秘訣でもあります。

ママの笑顔が増えれば、赤ちゃんもうれしいですし、間違いなく赤ちゃんにいい影響を与えます。

「マザーズバッグはこれでなければいけない!」とか「おすすめのマザーズバッグはこれ!」と決め付けられるものではありません。

機能だけで仕方なくマザーズバッグと持つのではなく、子育て時代に使うバッグをマザーズバッグとして考え、個人の生活スタイルや、ファッションに合わせてそれプラス機能を組み合わせて、使い勝手の良いお気に入りのデザインのマザーズバッグを選らぶといいのではないでしょうか。

後々、赤ちゃんと一緒に写っている自分の写真を見た時に「あ~、このバッグ気に入ってよく使っていたなぁ~」と思い出にふけるのもいいですよね。
ぜひ楽しみながら、あなたのマザーズバッグを選んでみてください♪

マザーズバッグの選び方について悩んでおられる方、迷っておられる方はお気軽にご相談ください。

ご相談、お問い合わせについては、こちらで受け付けております。
お問い合わせ

Shopping guide
ショッピングガイド

Instagram

Share

ページの
上へ戻る