BLOG MENU

赤ちゃんと国内線の飛行機に乗る時の必要な荷物は?

赤ちゃんと国内線の飛行機に乗る時の必要な荷物は?

赤ちゃんが産まれて、里帰り出産で自宅に帰るときや、逆におじいちゃん、おばあちゃんの家に初めて会いに行く時など、国内線の飛行機での移動をするママも多いと思います。

赤ちゃんとの長距離の移動は、先に荷物を送ったり前準備をしっかりしていても、当日の荷物は一人での移動の時とは違い、やはり多くなります。

赤ちゃんの持ち物のリストをまとめてみました。

・おむつ
・おしりふき
・ビニール袋
・薄手の大判タオル or ブランケット
・哺乳瓶、ミルク or 授乳ストール
・着替え
・お気に入りのおもちゃ
・目新しいおもちゃ
・おしゃぶり(必要に応じて)
・マグ(月齢に応じて)
・お菓子(月齢に応じて)

飛行機の中でぐずったり泣いたりしないかなど、初めての飛行機だと心配ですよね。

もし、自宅から空港までや、空港から自宅まで、ひとりで移動する場合、電車バスを乗継ぎして行くことも考慮に入れて、また機内でも、手元に置ける荷物の大きさは限られています。

できるだけ必要なものを厳選して持って行くことをおすすめします。

特に、いつも使い慣れているものが安心です。

飛行機では、持ち物検査や、バッグを前の席の足元に必要なものを置いたり、座席の上の物入れに入れたりするので、ファスナー付きのマザーズバッグがおすすめです。

また、機内に持ち込む荷物は、できるだけマザーズバッグにひとつにまとめたいものです。

しかし、荷物の量が多くなる場合は、足元における荷物(機内で必要な持ち物)と座席の上に入れる持ち物と、事前に分けてママバッグに入れて準備してください。

一人で移動するときと勝手がまったく違うので、行く日程が決まったら、チケットをとる、荷物の準備、空港内の授乳室がどこにあるのか確認、飛行場に着く時間など、すべての準備を早めにすることが大切です。

JAL、ANAともに、赤ちゃん連れのためのサポートページがあります。

JALベビーおでかけサポート
http://www.jal.co.jp/smilesupport/baby.html

ANAファミリーらくのりサービス【国内線】
http://www.ana.co.jp/dom/checkin/rakunori/family/baby.html

ママと赤ちゃんとの空の旅が快適でありますように!

Share
YOU MAY ALSO LIKE

Instagram

facebookママとベビーがおしゃれに軽いバッグで
笑顔でお出かけするページ
気に入っていただけたら、いいね!を押してくださいね

マザーズバッグ、ママリュックのルカルカ
RucaRuca

ページの
上へ戻る