BLOG MENU

マザーズバッグは、いる?いらない?

マザーズバッグは、いる?いらない? マザーズバッグは、いる?いらない?

マザーズバッグは、いるのか?いらないのか?お悩み中の方

どうして、わざわざ、マザーズバッグが必要なの?と思っている方もおられるのでは??

先輩ママに聞いても、「いる」と言う人もいれば、「いらない」と言う人もいます。

いったい、どちらなのでしょう?

マザーズバッグは、決して必要というわけではなく、自分に合った大きさの軽くて使いやすいバッグがあればいいと思います。

ただ問題は、そのバッグが使いやすいかどうかなのです。

出産するまでは、バッグのポケットの数や重さを気にしない方がほとんどだと思います。

特に、デザイン、見た目で選びますよね。

赤ちゃんを抱っこして、荷物を持って出かけてみて、はじめて使いやすいママバッグかどうかに気づきます。

普通のバッグは、ポケットが付いていなかったり、マチが狭かったり、抱っこしながら荷物の出し入れすることが、出来にくいことがあります。

だからと言って、哺乳瓶を入れるための保温機能が付いていたりという、マザーズバッグ専用バッグにありがちな機能は、絶対に必要ということはないです。

ベビーの月齢時期や、季節によっても、荷物の量は変わってきます。

また、住んでいる場所や移動手段、ベビーカーで移動することが多いだとか、いつもバス、電車でとか、車がほどんどだとか、自転車の方もおられますよね。

どこに行くのか?

お家の近所が多い方、保育園と職場の往復の方、様々だと思います。

子どもの人数、一人っ子、二人、三人、年が近い、離れているだとか、環境はそれぞれです。

結局、ベビーとお出かけする際に、自分に合ったサイズの使いやすいバッグ、そのバッグを持って気分よく出かけられるか?!になります。

いろいろと状況を想像しながら選ぶのも楽しいものです。

ぜひ、ご自身にピッタリのバッグを見つけてください♪

Share

マザーズバッグはいつ買うの?

マザーズバッグはいつ買うの?

私はもともと、荷物が少ない方で、娘を産むまでは、小さめの革のバッグを持つことが多かったのです。

マザーズバッグのことは、出産後に考えればいいかな・・・と思っていました。

しかし、出産して、もうすぐ1ヶ月検診という頃、「どうしよう!持っていけそうなバッグがない!!」ということに気づきました。

出産前の私は、産後の1ヶ月は、ほとんど外出できない・・・ということを、あまり深く考えていなかったのです。

1ヶ月検診には、抱っこして、タクシーで行く予定にしていたですが、やはり、着替えとおむつが入る、軽くて大きめのバッグが必要でした。

あわてて、インターネットの通販で探しました。

頼んで買ってきてもらうこともできたのですが、結構、私は自分の持ち物には、こだわるタイプで、何でもよい訳でなく、自分で納得したものを買いたかったのです。

結局買ったのは、マザーズバッグ専用というようなバッグではなく、大きめの軽い普通のナイロン製のバッグでした。

その時買ったバッグは、後々まで使用したのですが、あまり気に入らずに使っていました。

1ヶ月検診の時も、チグハグな格好だったことを覚えています。

後になって、気に入ったバッグを早めに買っておけばよかった・・・と後悔しました。

なので、こだわるタイプの方!!
特に、低月齢時期に持つバッグは、前もって用意することをおすすめします♪

Share

マザーズバッグの選び方 基本のチェックポイント10+α

マザーズバッグの選び方 基本のチェックポイント10+α

いろんなバッグを持っているけど、いつもこのバッグを選んでしまうとか、靴やお洋服も、なぜだか、こればかりというお気に入りがありませんか?

それは、使いやすかったり、持っていてしっくりきたり、お洋服の場合は、似合っていて着心地が良かったり、着回しができたり。

逆に、一目惚れして買った靴なのに、履き心地が悪くて、1回しか履いていない靴が靴箱にあったりしますよね。

特に、乳児期に使う大きめのマザーズバッグは、1回の出産で何個も何個も買うアイテムではありませんので、失敗せずに選びたいものです。

海外のマザーズバッグなど、さまざまなマザーズバッグを取り扱った経験から、私が思う使いやすいマザーズバッグとは

1  軽い
2  ポケットが適度に付いている
3  マチが広い
4  バッグの入れ口が広い
5  ファスナーがスムーズ
6  お手入れが簡単
7  内側が、水をはじく撥水機能
8  自立する
9  バッグの表の素材が固すぎない
10 主張しすぎずシンプルなデザイン

以上が、基本の10ポイントです。

でも、これは基本であって、さらに大事なことが、2つあります。

1つ目は、バッグのサイズ感です。

荷物の量は人によって違います。

また、ベビーの月齢によっても、荷物の量はどんどん変わっていきます。

ですから、荷物の量を実際に知るために、バッグを買う前に入れる予定の持ち物を、目の前に並べてみることが大切です。

実際に並べてみると、自分が思っていたより、少なかったり、多かったりしませんか。

目で確かめると、一目瞭然です。

2つ目は、ライフスタイルと合うかどうかです。

いつも着ているお洋服と合うかどうか、テイストなどを確認するために、クローゼットを開けてみてください。

あと、靴箱も。

色々なコーディネートや、持ち物などブログでご紹介していきますので、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

Share

Instagram

facebookママとベビーがおしゃれに軽いバッグで
笑顔でお出かけするページ
気に入っていただけたら、いいね!を押してくださいね

マザーズバッグ、ママリュックのルカルカ
RucaRuca

ページの
上へ戻る