BLOG MENU

おむつポーチって必要なの?選び方は?どんなものがおすすめなのかを考える

おむつポーチ必要

おむつポーチとは、外出時に必要なおむつを入れて持ち運ぶポーチですが、本当に必要なアイテムなのでしょうか?

おむつを収納できるポーチなら、別に専用のモノでなくても、わざわざ用意するのもなぁ…と思っておられる方も多いと思います。

無くてもいいベビーグッズなのか、あれば、とても便利なベビーグッズなのか、いったいどっちなのでしょう…?

外出時のおむつセットはひとつにまとめると便利です

まず、おむつポーチが、いるかいならいかの前に、外出用のおむつ替えセット、必要な枚数のおむつ、おしりふきシート、ビニール袋を、ひとつのポーチにまとめておくと、出かける前にあわてずに済みます。

外出先では、おむつ替えの時にバッグから、おむつポーチに入っている一式をサッと取り出すことができるで、とても便利です。

また、一つにまとめていると、バッグの中もごちゃつかずにスッキリします。
バッグの中の位置を決めていたら、どこにあるか分かりやすいし、パパもおむつ替えしやすいです。

特に専用のおむつポーチでなくても、必要な枚数のおむつ、おしりふきシート、ビニール袋を収納できるサイズのポーチなら、本当は何でも大丈夫なのです。 ですから、持っているポーチや、100均のポーチ、ジップロックなどでもOKです。

ただ、外出時のおむつ替えは、時間的に急ぐ場合も多いし、気が焦るし、場所も狭かったりと、家とは勝手が違います。

なので、スマートにおむつ替えしたい!
見た目、好きなデザインで気分を上げたい!
機能重視で、手早く済ませたい!
という方は、専用のおむつポーチを持つのがおすすめです。

おむつポーチの選び方は?

ベビー服ブランドや雑貨ブランドのおむつポーチの商品が沢山あるので、何を選んでいいのか迷いがちです。

自分は「何を重視したいのか?」が分かっていると選びやすいです。

★ 収納力があるおむつポーチが欲しいのか?
★ おしり拭きと一体型になっているものが欲しいのか?
★ 自分の好きなデザインが欲しいのか?
★ ベビーカーに掛けられる持ち手付きが欲しいのか?
★ 他のママとかぶらないおむつポーチが欲しいのか?
★ 消臭機能付きのおむつポーチが欲しいのか?
★ 軽いおむつポーチが欲しいのか?
★ おむつ卒業後は普通のポーチとして使いたいなどなど…

新生児期の時に使っているおむつのサイズで買うのではなく、大きめのものを選ぶことをおすすめします。

赤ちゃんはどんどん大きくなっていき、Lサイズのおむつを使う時期が一番長くなります。

なので、マタニティ期や新生児の頃におむつポーチを買う際は、Lサイズがしっかり入るサイズを選んでくださいね。

便利ベビーグッズは、使いやすくお気に入りのモノが一番です

産後は体調も優れず、育児に追われ、自分のことに気をつかう余裕がないという方は多く、赤ちゃんのことが優先になり、自分のことは後回しになりがちです。

子育てやお世話第一の生活は、睡眠時間も細切れだったり、年の近い兄弟のいるママや、働いているママなら、なおさら負担も多いはず。

子育てを頑張っているママにこそ、使いやすくお気に入りのアイテムを使うことによって、癒されたり、気分を上げて欲しいです。

ちょっとした不便や不満を積み重ねると、ストレスやイライラも積み重なるので、使い勝手のよい、お気に入りのアイテムを使うことで、心の負担を減らせます。

オススメのおむつポーチ、どんなものが使いやすいの?

とにかく軽い!

おむつポーチ軽い

Lサイズのおむつがタップリ入る収納力!
着替えも入ります♪

持ち手付きだと移動がしやすく、ベビーカーにも掛けれます。

小さくコンパクトになるもの!帰りの荷物も減ります。

消臭機能付きで清潔♪

おむつを卒業したら、ポーチとして使えるもの

ルカルカのおむつポーチは、上質なナイロンで、おむつポーチに見えないデザインです。安心の日本製で、シンプルで使いやすさを追求しています。 キャラクターや子どもっぽいものを持ちたくないママにおすすめです。

mamagirl(ママガール)にも紹介されました。

おむつポーチに使うだけではなく、お着替えやオヤツ、離乳食セット、ママの持ち物にも。 おむつを卒業したらバッグインバッグとしても使えます。

色んな用途に使うことを前提で作られていますので、色違いで揃えるもの可愛いです。

大人可愛い5カラー展開です。

Share
YOU MAY ALSO LIKE

Instagram

facebookママとベビーがおしゃれに軽いバッグで
笑顔でお出かけするページ
気に入っていただけたら、いいね!を押してくださいね

マザーズバッグ、ママリュックのルカルカ
RucaRuca

ページの
上へ戻る